オートキャンプ
 
 
 
 
   
 
 
  所在地 東津軽郡外ヶ浜町字平舘田の沢   開設期間 4月〜11月
コテージは通年
 
  TEL 0174−31−2211   予約
  URL http://www.aomoricolony.com/~tairadate/odaiba1.html
 
地図
こちら
 

充実のプレイゾーン
20区画あるオートキャンプサイトは、ゆったりとした広さが取られているから嬉しい。サニタリーハウスには24時間使用できるコインシャワーが設備されているが、近くにある町営の湯の沢温泉を利用すれば、温泉気分まで味わえる。コテージには冷蔵庫・レンジ・炊飯器・食器類・テレビ・ビデオなど設備が充実しているので、飲食物を持ち込むだけでOK。


■料金表■
【サイト〜20区画】
宿泊(午前11時〜翌朝午前10時)
1泊電源付き2,500円 1泊電源なし1,500円
日帰り(午前11時〜午後4時)
電源付き2,000円 電源なし1,000円

 
   
平舘灯台、海水浴場
     
全国的に珍しいといわれる「平舘灯台」。深い緑の松並木を背景にたたずむ白亜の灯台、そして足下に広がる砂浜と紺碧の海のコントラストは、絵はがきを彷佛させる美しさ。そして、藩政後期に沿岸警備の施策として幕府の命により設けられた台場があり、海から見えないよう松の木を植えて工夫されている。その眼前には、砂浜の海水浴場が広がり、夏になると海水浴やウインドサーフィンを楽しむ人々で村一番の賑わいを見せる。
 
松前街道      
江戸時代、松前藩主の参勤交代の道として利用された松前街道は、津軽国定公園の玄関口にあたり、樹齢300年を越える見事な黒松並木が、およそ1kmにわたって続いている。
参勤交代が行われていた当時、本陣が設けられ、船番所や宿舎も置かれるなど、平舘は交通・交易の要所だったといわれている。
 
さい沼
野田地区の玉川林道を車で20分入ったところにある美しい神秘の沼「さい沼」とその周辺は、自然環境保全地区になっている。この地区はブナ原生林も生い茂り、モリアオガエルやハコネサンショウウオなどの貴重な動植物の宝庫として自然愛好家の方々にもよく知られている。
湖面には、鏡のように四季の彩りが映し出され、とくに秋には周囲の樹木の紅葉が美しい。
 
特産品      
■焼き干しイワシ
「ダシの王様」炭火で焼いたイワシを天日で干したミネラルたっぷりの自然食品、そのまま食べてカルシウム補給にも最適。

■トロロ・アラメ昆布
質の良さと昔ながらの独特の味の調合で根強い人気のトロロ・アラメ昆布は、理想的な低カロリー・無添加食品として注目されている。
 
温泉      
■平舘不老不死温泉
今から2000年ほど前、秦の始皇帝の命を受けた「徐福」という名の人物が、不老長寿の霊薬を探し求めて日本にやって来たとき、この地で見つけたという伝説がある温泉です。
入浴時間8:00〜20:00。料金は大人300円、小人150円。

■町営湯の沢温泉
入浴時間11:00〜21:00。料金は大人300円。